不動産売却

自分が持っているマンションや一戸建て住宅の売却を希望している場合には、それぞれ物件の取引実績を豊富に有している不動産業者を選んで、売却の仲介を依頼することが大切です。一口に不動産業者と言っても、個人の居住用物件ではなく法人向けの事務所用物件ばかりを取り扱っている業者や、一戸建て住宅はほとんど取り扱わず、中古の分譲マンションばかりを取り扱っている業者などが存在しています。どの業者も得意とする取引分野を持っていますので、その点を見極めた上で、仲介を依頼する業者を決めるようにするのが望ましいです。最近は、ほとんどの不動産業者がレインズシステムに加入していますから、どこに頼んでも結果に大差ないだろうと考える人もいますが、そのようなことはありません。業者の独自ルートで買主を見つけてもらえる場合もありますので、業者選びには慎重を期するようにしたいものです。良い業者を見つけることができれば、不動産を高く売ることが可能になります。

不動産売却の仲介を業者に依頼する際には、業者との間で媒介契約を結ぶ必要があります。この媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。特に何も考えずに、業者が用意した媒介契約書にそのままサインしてしまう人が少なくありませんが、自分にとって一番望ましい形の媒介契約を結ぶようにするのがベストです。どの種類の媒介契約を結ぶかによって、契約による拘束力が大きく変わってくることになります。たとえば、専属専任媒介契約を結んだのにも関わらず、自分で買主を見つけてきてその人と売買契約を結んでしまったりすると、契約違反に該当するため、業者から損害賠償を請求されるおそれがあります。自分でも買主探しをするつもりがある場合には、一般媒介契約を結ぶようにするとよいでしょう。